コンサルタントと英語

コンサルタントと英語 - コンサルタントと英語

コンサルタントと英語

コンサルタントと英語

コンサルタントにとって、英語はできた方がいいスキルです。
仕事の関係で英語が必要になることもあるからです。
その案件は、たとえば海外製の業務ソフトを導入する案件です。
現在ビジネスの世界では、海外で作られた業務ソフトが活用される例も非常に多くなっています。
それを使っているかで業務の効率も変わるため、ライバルとの差もつきます。
そのため海外製の業務ソフトの導入を支援するための案件は、よく見られるのです。

そしてこれをこなすには英語が必須です。
海外製のソフトになるため、そのソフトの標準言語は英語になります。
そのソフトを導入する段階で英語以外の言語で対応することはできませんから、その導入を支援するコンサルタントは英語に精通している必要があるのです。

このような海外製ソフトの導入案件のほか、ほかにもその案件の都合で英語を必須とする場合もあります。
そのクライアント企業がグローバルに展開しており、海外拠点がある場合など、現地も含めた対応も必要になるため、英語力は基本的に必要です。
このようにコンサルタントをやるには、英語はできた方がいいスキルとなります。

そのほか、仮に案件として必要なかったとしても、英語ができた方が仕事はしやすくなります。
この点からも英語はできた方が有利です。
英語ができない場合、コンサルティングに必要な情報は、主に国内で集める形になります。
海外に有力な情報があっても、それが日本語に翻訳されていない場合、活用ができないわけです。
英語ができるコンサルタントはその情報も駆使してコンサルティングを行うため、ライバルに差をつけられてしまうのですね。
この点からもコンサルタントにとって英語はできた方がいいスキルとなるでしょう。