SEからコンサルタントへの転身

コンサルタントという職業は、非常に人気があり、多くの方が憧れる職業になります。
人気の理由として多くあげられるのは、給料の高さになります。 システムエンジニアは、多く残業を行って平均年収500万円に対して、 大手のコンサルファームのITコンサルタントでは、シニアコンサルタントで600万円前後から上は800万円くらい、 マネージャーレベルは800万円程度?1200万円くらいまでになります。
求められるレベルも高いですが、その分、給料も高いのでその分、モチベーションも上がり やりがいもあります。

システムエンジニアとコンサルタントでは役割に違いがあります。
要件に沿って正確にシステムを開発し、システム構築で企業を支援する事が求めらることが多いです。
一方、ITコンサルタントは、顧客のニーズをヒアリングして、可能な範囲で調整して、最終的に企業の 経営課題を解決することが目的になります。
ITコンサルタントは、経営課題を解決するために、システムの設計・構築に入る前までの議論・決定事項・ プロセスを踏まえたうえで「システムの具体像」を描き、プロジェクトマネジメント、PMOもITコンサルタントの仕事の一つとなります。

システムエンジニアがITコンサルタントとして、転職するにはどうすればよいかと いうと、まずはシステムエンジニアとして、リーダー、PMなどのポジションで活躍すること 又は、大手SIで上流工程(要件定義、基本設計)を経験することが重要になります。
また、大規模な案件では、大手コンサルファーム(アクセンチュア、アビームコンサルティング)など の方が、PMO(プロジェクトマネイジメントオフィス)で参画していることが多いのでその方が どのように、プロジェクトをまとめているか研究してみるのも良いかもしれません。

フリーコンサルタント